薬による円形脱毛の治療について

薬による円形脱毛の治療についてご紹介します。病院で処方される円形脱毛症の薬にはどのようなものがあるのでしょうか。病院で円形脱毛症に処方される薬として、「フロジン液(塩化カルプロニウム5%)」がという薬があります。このフロジン液は血管拡張作用を持っている医療用医薬品で、健康保険が適用となります。

 

また塗り薬・注射・内服としての薬である「ステロイド」は、炎症を抑えるための薬で、円形脱毛症にも適応しています。円形脱毛症の脱毛した部分に、ステロイドを局所注射する方法においては、注射した部分にだけ毛が再生してきますので広範囲の脱毛症の場合は、あまり適していないことになります。

 

ステロイドを内服していると難治の円形脱毛症の場合にたいしても効果があるようですが、長い期間続けて使用していると副作用が起きる場合もありますので、ステロイドを服用するときには専門医とよく相談してから薬を決めるようにしましょう。円形脱毛症はその原因と治療方法は確定されていないので自分にあった薬や治療方法を探していきながら治療をはじめるということになるでしょう。

TOPへ