ドライアイス療法と局所免疫療法

円形脱毛症のドライアイス療法とPUVA療法についてご紹介します。ドライアイス療法(冷凍療法)とは円形脱毛症の解決方法として、病院で治療を受けるときに「ドライアイス療法(冷凍療法)」を受けることもあります。この治療法はドライアイスを円形脱毛症の患部に1秒くらい軽くあてて、刺激を与えるといった方法です。

 

当然ですが、この「ドライアイス療法(冷凍療法)」は円形脱毛症の治療として病院で行うものなので自分ではけっしておこなわないようにしましょう。この治療法の有効率は70%と言われていますが、1年ほど経過しても効果が現れないような場合には、皮膚が傷んだり跡になる恐れがありますので中止する必要があります。

 

病院では、ほかに「局所免疫療法」という治療法を受けることもあります。かぶれを起こしやすいSASBEやDPCPといった化学物質溶液を、円形脱毛症の患部にたいして1〜2週に1回ていど塗布し、痒くない程度の弱い皮膚炎を起こさせるといった方法です。現在では、最も有効で安全な治療といわれています。そして有効率は90%以上だということです。ただし、人によってはひどいかぶれが起きることがありますので病院できちんと医師に説明を求めてから始めましょう。

TOPへ