子供の円形脱毛症について

子供の円形脱毛症についてご紹介したいと思います。円形脱毛症は、性別や年齢に関係なく誰にでも起こるえる病気です。最近では、小学生の子供やもっと小さなお子さんが円形脱毛症にかかるケースも増えているとそうです。円形脱毛症の原因ははっきりとはしていないのが現状なのですが、アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎、他にも喘息などを併発するケースが多いとの報告もあるそうです。

 

子供の円形脱毛症は、治りにくいことが多いといわれることもあります。そのため、かかりつけの小児科や皮膚科の担当医とよく相談をしてあせらず根気よく治療を続けたほうがよいでしょう。円形脱毛症で髪が抜けるということは子供にとっても精神的にも大きなショックを与えてしまうと思います。学校などの周りに理解を求めて必要によってはかつらを作るなどの対策を講じたほうがよいでしょう。子供の精神的な負担を軽くしてあげる努力が必要だといえます。

 

実は子供の円形脱毛症は大人と比べてみると多いとされていいます。特に幼児期での円形脱毛症は発症例が多いようです。幼児においては50〜70%がアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、喘息を合併しているそうです。こういった症状が子供の円形脱毛症の特徴です。このようなことからも、円形脱毛症の原因として、Tリンパ球の異常な働きによっておこなわれる自己免疫疾患の関与が疑われているそうです。

TOPへ