円形脱毛症の種類について

円形脱毛症の種類についてご紹介したいと思います。円形脱毛症はいくつかの種類にわけらることになります。どういった種類があのかというと「単発型円形脱毛症」「多発型円形脱毛症」「全頭脱毛症・汎発性脱毛症」などがあります。単発型円形脱毛症についてですが、円形脱毛症のひとつである「単発型円形脱毛症」は、最も多くみられる症状のようです。500円玉くらいの脱毛が、頭に1ヶ所から3ヶ所ほど起きるタイプです。

 

ある日突然として頭髪が円形に抜けてしまうそうなのです。男女ほぼ同じような確率で発症が見られており、発症の年齢は、子供から老人までと幅広いとされています。これが「単発型円形脱毛症」の特徴です。単発性で始まっても、多発性へと移行するケースもまれにあるようなのですが、約60%程度の人は、自然に治癒していくと言われています。

 

次に「多発型円形脱毛症」ですが、頭のあちこちに、単発型を繰り返すケースを「多発型円形脱毛症」と呼んでいます。円形脱毛が、2つ以上あらわれてしまい脱毛部分が大きくなったり、一度は治っても、再発を繰り返す可能性があると言われている症状です。けれども、適切な治療を行った場合には、半年から2年ほどで、完治することも多いためあまり思い悩まないことも大切です。「多発型円形脱毛症」が進行してしまうと頭皮全体の髪の毛が抜けてしまい全頭脱毛になることもあります。これを「多発融合型円形脱毛症」と呼んでいます。難治性の脱毛と言われていますので治療するには根気を必要とされるようです。

 

最後に全頭脱毛症・汎発性脱毛症についてご紹介したいと思います。円形脱毛症の種類に「全頭脱毛症」という種類があるのをあなたは、ご存知でしょうか。数箇所に起きていた脱毛部が、次第につながっていってしまいやがて頭皮全体の毛が、全て抜けてしまいます。そして髪がなくなるという症状です。「全頭脱毛症」という種類は、治りがあまりよくなくてかなりの治療と期間が必要になることが多いとされています。円形脱毛症において、最も症状が重度なものといわれている症状が「汎発性脱毛症」といわれる種類です。

TOPへ