円形脱毛症関連ニュース

円形脱毛症とは、頭髪の一部分が円形に抜け落ちてしまうといった症状のことを言います。ひとつだけ円形脱毛症が見られるものを単発型といい、いくつも見られるものを多発型の円形脱毛症と呼びます。また、円形脱毛症とひとことに言っても、円形に脱毛が見られることが全てではありません。下手したら頭髪全体が抜け落ちてしまうタイプもあります。

 

そして線を描くように抜け落ちてしまうタイプや頭髪だけではなく全身の毛にも症状が見られるタイプなどさまざまなものがあります。円形脱毛症は小児に多いとされています。小児ときけば小さな子供ばかりを想像してしまいがちですよね。小児というのは1歳から15歳くらいとされています。この年齢の幅の中で、特に多いものが思春期前後の小児、青年です。

 

しかし、小さな小児であっても円形脱毛症が起こらないということではありません。逆に、小さな子供になればなるほど、大人になってからも円形脱毛症が発症してしまい悩まされることが多いのです。頭髪などに異常を感じた場合には注意をしなければならないとおもいます。円形脱毛症になる前にもきっとサインがあると思います。親御さんは注意深くお子さんの様子をみてあげるとよいでしょう。

小児円形脱毛症のサインについてご紹介したいとおもいます。実は小児円形脱毛症の原因というのははっきりしていないそうです。しかし、いくつかの原因は考えられるそうです。いまだ決定打と言われるものは少ないということ事実のようです。小児円形脱毛症にストレスが影響すると考えられている説もあるのですが、実はこれもきちんとした根拠がわかってはおりません。

 

けれども、ストレスが影響していると考えられる、ということは多少なりともストレスが円形脱毛症に関係している可能性があるわけですから、小児円形脱毛症が現れた小児の場合、メンタルな部分できちんと観察をしていったほうがよいとおもいます。また、免疫異常や甲状腺の異常などから小児円形脱毛症に影響しているといった説もあります。

 

円形脱毛症は頭髪だけの問題で考えたり、見た目の問題というように考えたりすることはけっしてよくはありませんよね。小児円形脱毛症が現れたら、まずはその原因として考えられることはいったい何なのかを知ることがとても重要になってきます。そのため、自然に治るだろう、というように安易に考えたりしないで、必ず病院へ親御さんがお子さんを連れて行ってあげるようにしましょう。

円形脱毛症の場合、実に色々なタイプがあります。たとえば頭部が一カ所単発的に抜ける場合もありますし、抜ける範囲が数カ所に多発する場合もあります。そして頭髪すべてが抜け落ちる場合もありますし、まつげや眉毛といった全身の毛が抜け落ちる場合もあります。一般に放置しておいても一定の大きさになれば脱毛が止まります。

 

そして数カ月で元に戻るといわれています。円形脱毛症の原因は精神的ストレスや自律神経の異常、また内分泌障害、自己免疫系の異常というようにいわれています。しかし,はっきりした原因はまだわかっていません。一般には血液循環が悪くなってしまい毛髪を作る毛母細胞の働きが衰えてしまうため毛が伸びなくなると考えられています。

 

西洋医学では脱毛した部分に副腎皮質ステロイドの外用薬を塗ることがあります。また、ドライアイスによる刺激療法などが行われるほかにも血行改善薬や抗アレルギー薬、精神安定薬など数種類の飲み薬を使って治療することになります。漢方医学でも円形脱毛症の治療方法はまた別にあるようです。自分にあった治療方法を見つけるとよいでしょう。

円形脱毛症は西洋医学的な治療方法もありますし、漢方医学でおこなう治療方法もあります。漢方医学では血のめぐりをよくして新陳代謝を活発にさせるといった漢方薬や精神的ストレスを取り除く作用のある漢方薬をその人の体質や体格に合わせて用いていきます。比較的、体力がある人に対して円形脱毛症の治療として用いられる漢方薬は「柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」です。

 

ほかにも「大柴胡湯(だいさいことう)」や「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」などがあります。柴胡加竜骨牡蠣湯は、神経過敏であったり興奮や動悸(どうき)、そして息切れ、不眠などの症状を伴う円形脱毛症に用いられる漢方薬です。鎮静効果がある生薬のほかにも気の流れを良くして精神を安定させる生薬などが含まれています。

 

また大柴胡湯は、肥満で胸脇部に緊張感や痛みなどがあって便秘傾向の人を対象にしています。そして防風通聖散は、古典に「水毒,食毒,風毒,梅毒を駆逐するための効能を持っており体格は一般に骨格たくましくて脂肪型あるいは筋肉型によい」というような内容が書いてあります。肥満体質であり食毒、または水毒がみられて便秘があって脈の力が強いという人に効くとされています。このほかにも「桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」や「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」なども治療薬として用いられています。

円形脱毛症は、誰にでも発症する可能性がある病気だとされています。円形脱毛症の場合、自覚症状の無いことが多いためある日突然、頭にコインくらいの大きさのハゲがあることに気づいてしまいます。円形脱毛症とは、円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生してしまいだんだんと拡大していく症状を指しています。一般的にいうと「10円ハゲ」などと呼ばれることもあって10円玉くらいの大きさで頭髪が抜けると思われています。

 

しかし円形脱毛症の症状は実にさまざなのです。円形の脱毛巣がひとつできるケースもありますし、頭髪全体が抜けてしまうケースもあります。さらには眉毛やまつ毛、陰毛や体毛など、全身の毛が抜けてしまうといったケースもあります。円形脱毛症は、脱毛に勢いがありますし部分的に急にまとめて抜けしまうといった特徴をもっています。髪の毛が正常に成長していたのにもかかわらず、急に抜けてしまうという点が他にある脱毛症との違う点です。

 

円形脱毛症が疑われる場合には、脱毛巣周囲の毛をすこし軽めにひっぱってみてください。もし、毛が数本でも抜けるようなときには円形脱毛症の症状が進行中だといえるでしょう。また脱毛しているところの皮膚は、周りにある皮膚よりもへこんだ状態になっているかもしれません。場合によっては軽い発赤を伴うこともあるようです。円形脱毛症の進行がストップすると数カ月たってから軟らかい毛が生えはじめてきます。その後には硬い毛がよみがえってくることが多いとされています。

円形脱毛症の種類についてご紹介したいと思います。円形脱毛症はいくつかの種類にわけらることになります。どういった種類があのかというと「単発型円形脱毛症」「多発型円形脱毛症」「全頭脱毛症・汎発性脱毛症」などがあります。単発型円形脱毛症についてですが、円形脱毛症のひとつである「単発型円形脱毛症」は、最も多くみられる症状のようです。500円玉くらいの脱毛が、頭に1ヶ所から3ヶ所ほど起きるタイプです。

 

ある日突然として頭髪が円形に抜けてしまうそうなのです。男女ほぼ同じような確率で発症が見られており、発症の年齢は、子供から老人までと幅広いとされています。これが「単発型円形脱毛症」の特徴です。単発性で始まっても、多発性へと移行するケースもまれにあるようなのですが、約60%程度の人は、自然に治癒していくと言われています。

 

次に「多発型円形脱毛症」ですが、頭のあちこちに、単発型を繰り返すケースを「多発型円形脱毛症」と呼んでいます。円形脱毛が、2つ以上あらわれてしまい脱毛部分が大きくなったり、一度は治っても、再発を繰り返す可能性があると言われている症状です。けれども、適切な治療を行った場合には、半年から2年ほどで、完治することも多いためあまり思い悩まないことも大切です。「多発型円形脱毛症」が進行してしまうと頭皮全体の髪の毛が抜けてしまい全頭脱毛になることもあります。これを「多発融合型円形脱毛症」と呼んでいます。難治性の脱毛と言われていますので治療するには根気を必要とされるようです。

 

最後に全頭脱毛症・汎発性脱毛症についてご紹介したいと思います。円形脱毛症の種類に「全頭脱毛症」という種類があるのをあなたは、ご存知でしょうか。数箇所に起きていた脱毛部が、次第につながっていってしまいやがて頭皮全体の毛が、全て抜けてしまいます。そして髪がなくなるという症状です。「全頭脱毛症」という種類は、治りがあまりよくなくてかなりの治療と期間が必要になることが多いとされています。円形脱毛症において、最も症状が重度なものといわれている症状が「汎発性脱毛症」といわれる種類です。

円形脱毛症と間違えやすい脱毛症にトリコチロマニアというものがあります。この円形脱毛症と間違えやすい脱毛症の「トリコチロマニア」とは一体どのようなものなのでしょうか。トリコチロマニアとは、無意識のうちに自分で毛を引き抜いたりすることによって起きてしまう脱毛症の種類の一つです。「抜毛癖・抜毛症」とも言われており、爪を噛んだりする「クセ」のひとつで、円形脱毛症とは違います。

 

円形脱毛症の原因の一つには、精神的なものがあると思います。また、このトリコチロマニアの原因についても精神的なものではないかと考えられています。円形脱毛症と同じように、どの年齢でも発症する可能性があるそうです。特に小学生ぐらいの子供に多く見られる症状だそうです。実は「脱毛症」というものには、さまざまな種類があります。

 

男性ホルモンの影響である「壮年性脱毛」や物理的障害による脱毛、感染症が原因となってしまい全体的に脱毛していく「びまん性脱毛」などの種類があります。「壮年性脱毛」という種類は、男性ホルモンのテストステロンが過剰分泌されてしまうため毛乳頭の5α-リダクターゼという酵素と結び付いてしまった結果、髪の毛の成長が邪魔されることによて発症します。成長を阻害されてしまった髪の毛は、生え替わりがスムーズにできなくなってしまうため次第に薄毛になっていきます。

円形脱毛症の自己診断についてご紹介したいと思います。ある日、突然として頭に硬貨ほどの大きさのハゲがあることに気づいたとします。それが円形脱毛症なのかどうかを自己診断するための方法をご紹介したいと思います。まずは、脱毛している箇所は、境界がはっきりとしている円形なのか楕円形なのかどうかをチェックしましょう。

 

それから脱毛している部分の周囲の毛を引っ張ってみましょう。痛みがほとんどなくて簡単に抜けるような場合には、円形脱毛症の可能性が高いといえるでしょう。抜けた毛を見ることによって円形脱毛症かどうかを診断することができます。抜け毛の毛根部分が、細く尖っていたり、切れ毛などは見られないか確認してみましょう。円形脱毛症の脱毛以外の症状としては爪に小さなくぼみや溝状の筋が横に入ることもあります。

 

そのため、爪もチェックしてみるとよいでしょう。何の兆候もなく、突然として脱毛が始まった場合には、円形脱毛症の可能性が考えられると思います。円形脱毛症で悩んでいる方が、口をそろえて言うのは、「他人の目が気になる」といった点です。髪の毛で隠れるような場所にできていれば、それほど深刻ではないのかもしれませんが、他人の目が気になってしまうこともあります。もしも、円形脱毛症が悪化した場合には、外出も嫌になるということが多いようです。

円形脱毛症の日常生活における注意点についてご紹介したいと思います。まずは、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。髪の毛は、夜10時頃から夜中の2時頃の間に、成長するとされています。もしも、この時間帯にしっかりとした睡眠をとっていない場合には頭皮の血液の流れが悪くなってしまい髪の毛の成長が妨げられてしまいます。そのため、注意したほうがよいでしょう。

 

普段から、12時前には布団に入るようにしたほうがよいでしょう。もちろん、夜間に睡眠をたくさんとっていれば円形脱毛症が治ってしまうということではありません。しかし、健康的な生活を送ることによって、ストレスが解消されることにつながります。そして円形脱毛症の原因の一つである「精神的ストレス」への対策にはなると思います。

 

もしも、ストレスの多い生活を送っている方は、注意したほうがよいでしょう。精神的なストレスは、交感神経を刺激してしまい末梢神経や毛細血管なども収縮させてしまいます。そのことが髪の毛の成長を妨げる原因となってしまいます。注意が必要だといえます。円形脱毛症だけでなく、健康的な生活を送るためにはなるべくストレスを溜めないように注意したふがよいでしょう。

子供の円形脱毛症についてご紹介したいと思います。円形脱毛症は、性別や年齢に関係なく誰にでも起こるえる病気です。最近では、小学生の子供やもっと小さなお子さんが円形脱毛症にかかるケースも増えているとそうです。円形脱毛症の原因ははっきりとはしていないのが現状なのですが、アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎、他にも喘息などを併発するケースが多いとの報告もあるそうです。

 

子供の円形脱毛症は、治りにくいことが多いといわれることもあります。そのため、かかりつけの小児科や皮膚科の担当医とよく相談をしてあせらず根気よく治療を続けたほうがよいでしょう。円形脱毛症で髪が抜けるということは子供にとっても精神的にも大きなショックを与えてしまうと思います。学校などの周りに理解を求めて必要によってはかつらを作るなどの対策を講じたほうがよいでしょう。子供の精神的な負担を軽くしてあげる努力が必要だといえます。

 

実は子供の円形脱毛症は大人と比べてみると多いとされていいます。特に幼児期での円形脱毛症は発症例が多いようです。幼児においては50〜70%がアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、喘息を合併しているそうです。こういった症状が子供の円形脱毛症の特徴です。このようなことからも、円形脱毛症の原因として、Tリンパ球の異常な働きによっておこなわれる自己免疫疾患の関与が疑われているそうです。

女性と円形脱毛症についてご紹介したいと思います。女性だからといって特に円形脱毛症になりやすいということはありません。しかし、子供を出産した後に、抜け毛が多くなったり円形脱毛症ではないかと、悩みをもっているかたもきっと多いといいます。洗髪した際には、多くの抜け毛を目にすることもあると思います。これは相当ショックだと思います。

 

これでは円形脱毛症を疑ってもしょうがないと思います。子供を出産した後には、確かに抜け毛が増える傾向があります。しかし、これは自然なことです。ほとんどが心配ないとケースだそうです。妊娠中の母胎は黄体ホルモンの分泌が活発になりますので、その働きでヘアサイクルが一時的に変化してしまいます。これが抜毛の原因です。

 

休止期に入って抜けるはずだった髪の毛が、そのまま成長を続けてしまい子供を出産した後にホルモンが通常に戻れば一斉に抜けるのだそうです。ただごくまれに育児ストレスなどから円形脱毛症になってしまう場合もあります。そのため、円形脱毛症の可能性が気になるようであれば、専門医に一度、相談してみるとよいでしょう。

女性のかたで、もしも円形脱毛症になったらどうしたら良いのでしょうか。円形脱毛症などによって、髪の毛がたくさん抜けてしまうということは、女性にとってとてもショックなことではないでしょうか。ついつい、このまま治らなかったらどうしようとか、もっと症状が広がってしまったらどうしようかというようにマイナスのほうへと考えてしまいがちです。

 

今までのストレスに加えて、円形脱毛症になってしまったということ自体も新たいストレスとなってしまいます。そのため円形脱毛症のなおりが遅くなってしまうという例も聞いたことがあります。女性の場合には、ウィッグ(かつら)を使うという手段もあります。市販されているものでもいろいろなウィッグがあります。インターネットなどでも簡単に購入することができますよね。

 

また、雑誌の通販などでもウィッグは簡単に購入することができますのでわざわざ外に買い物にいかなくても入手することができます。ストレスは円形脱毛症の進行を進めてしまいますので、いざ円形脱毛症になってしまうと「ウィッグでおしゃれなんて」という気持ちになってしまいがちだと思います。しかし、発想をかえて逆にオシャレのひとつとして利用してみるのもいいでしょう。

円形脱毛症を考える会についてご紹介したいと思います。円形脱毛症という病気の悩みを抱える人たちの交流の場として「円形脱毛症を考える会」という団体があるそうます。円形脱毛症という病気は、感染や伝染する病気ではあえいません。そして生命を脅かす心配のないものです。しかし、多くの時間を費やたとしても、完治するのかどうかの見通しがつかない病気です。

 

円形脱毛症の症状を背負っている本人や家族は精神的な苦痛をしいられることが多いといいます。円形脱毛症は、誰もが発症する可能性を秘めています。それにもかかわらず、社会的には病気としての認識や理解といったものがあまりない状況です。場合によっては差別やイジメにつながることもあるといいます。生死に関わる病気ではないため軽視されるケースも少なくありません。

 

そのような円形脱毛症の悩みを持つ方々が、集まって交流する場も増えてきているようです。自分ひとりで、病気の悩みを抱えこむのではなくて、同じ悩みをもっている人々との交流を持つことによって精神的な苦痛が軽くなる、というのも円形脱毛症の対策として必要とされているのでしょう。そのような場として「円形脱毛症を考える会」があると考えられます。

円形脱毛症を考える会は、1975年に「円形脱毛症の子を持つ母親の会」として(株)東京義髪整形の支援によって発足したそうです。東京義髪整形の職員と会員が中心となってセミナーや医療相談などをおこなっているそうですが、現在の会員は300名とされています。年に2回セミナーと6回の会報を発行しているといわれています。

 

医師を囲み、円形脱毛症に関する病気相談会をおこなったり、脱毛症本人同士の交流をおこなったりしています。そして脱毛症の家族を持つ人同士の交流や脱毛症の人と脱毛症でない人との交流と相互理解を行っています。誰にも話すことができなかった脱毛症の病気について、カツラについてというように周りには理解してもらえないと思っていた気持ちを本人同士話し合ったりしています。

 

そして、家族で交流をしたりすることによってたとえ明確な答えはでなかったとしても、心の支えや励みになることだと思います。円形脱毛症を理解してもらう機会が少ないという現状の中では心のバリアフリーを広げるためには、正しい知識を身に付けて、お互いがお互いを理解することができるる活動をおこなうことが大切なのだと思います。

円形脱毛症の原因についてご紹介したいと思います。残念なことですが、円形脱毛症の原因は、はっきりとしたものが分かっていないのが実状です。今のところ考えられる円形脱毛症の原因としては、「精神的ストレス」や「内分泌異常」、「自己免疫疾患」、「遺伝的素因」というものが考えられるようです。

 

円形脱毛症の原因として、一番有力な説としては「自己免疫疾患」があげられますが、精神的なストレスがきっかけになるということもあります。ストレスが原因となり、円形脱毛症になる場合には、約3ヶ月前くらいにストレスを受けなかったかどうか、生活環境に変化がなかったかを見直す必要があります。

 

円形脱毛症は、一般的にはストレスが原因と言われることが多いようなのですが、その他の原因がないか見極める為にも、一度きちんと身体を休めてみるとよいかもいsれません。円形脱毛症が発生した場合に、その原因がストレスであれば、多くの場合には、だいたい6ヶ月程で自然に治癒すると言われています。

円形脱毛症の原因として精神的なストレスがあげられます。精神的なストレスが原因となり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起こるということもあります。それは、精神的なストレスにより血管が収縮することが原因だとされています。血管が収縮してしまうと、その部分の粘膜が死んでしまいますので穴が開いた状態(潰瘍)になってしまうのです。

 

同じことが、頭皮で起きた結果が円形脱毛症だといえるでしょう。ストレスが原因となり、おきた円形脱毛症の場合には、脱毛が始まった頃より3.4ヶ月くらい前に何らかの原因である精神的ショックや心配事、生活環境の変化などが、起こっていなかった考え見ましょう。円形脱毛症の症状が、ストレスの3.4ヶ月くらい後に現れるのはどうしてでしょうか。

 

それは、毛髪の生まれ変わりであるヘアサイクルに関係しているからだそうです。家庭内での問題や、仕事上での問題が精神的なストレスの原因となってしまい、円形脱毛症を発症してしまうというような状態が実に現代社会では増えているそうです。現代社会=ストレス社会ともいわれていますので誰にでもありえることだと思います。

最近は大人だけでなくて、子供にも抜け毛や円形脱毛症がみられます。また、全頭脱毛の症状なども増えているといわれます。抜け毛や円形脱毛症には、さまざまな原因はありますが、ストレスがその大きな原因のひとつだといわれています。今の学校環境でみると、抜け毛や円形脱毛症の症状の見られるお子さんは残念なことにいじめの対象になる可能性があるといいます。

 

しかし、学校において、どのようなことがあっても両親がしっかりとした心構えをもって、子供が心をさらけだし相談できるような環境を作るようにしたほうがよいでしょう。子供の抜け毛や円形脱毛症、全頭脱毛は、家庭環境を把握しておいて、まず両親をカウンセリングすることでだんだんと子供にもよい影響が出てくるといいます。

 

円形脱毛症を患った有名人として、曙がいます。あなたは、ごぞんじでしょうか。曙は、第64代横綱です。外国人初の横綱として知られていますが、2001年に大相撲の世界から引退した後は、格闘家に転身しておりK-1などの格闘技に出場しています。K-1に転向した後、4連敗していた曙は2004年のK-1大会出場の際には後頭部に数箇所の円形脱毛症を発症していました。

円形脱毛症の原因で自己免疫疾患というものがあります。私たち人間の身体に備わっている働きの免疫系は、外部からの侵入物を攻撃します。そして私達の身体を守っています。円形脱毛症の原因のひとつである、「自己免疫疾患」とは、この免疫機能に異常が生じてしまい自分の体を異物とみなしてしまって攻撃をしてしまうことです。

 

通常ではリンパ球は、血液中に存在しています。そして、扁桃炎や肝炎といった炎症部位に集まりますので炎症を鎮めようとしてくれます。しかし、円形脱毛症の原因が「自己免疫疾患」の場合にはリンパ球は毛の根元へと集まってきてしまいます。そして、毛根を激しく攻撃してしまい、それが原因となって、元気な髪の毛でさえも、突然として抜け落ちてしまうのです。

 

この場合には、円形脱毛症の症状は、他の免疫異常疾患である甲状腺疾患や糖尿病、アトピー性皮膚炎などと同時に、起こりやすいといわれています。残念なことに詳細についてはいまだよくわかっていないということが現状のようです。長い目でみて医師と相談しながら対策をたてていくしかないと思います。

円形脱毛症とアトピーの関係についてご紹介したいと思います。円形脱毛症は、誰にでも発症する可能性のある病気なのですが、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患を持っている人と一般の人を比べてみると、アレルギー疾患を持っている人のほうが、円形脱毛症がより多く発症しているといわれています。それは、どうしてなのでしょうか?

 

アトピーの原因としては、体質的なものと環境的なものの両方が影響を及ぼしていると考えられています。免疫が自分の体を敵と間違って攻撃するといった、いわゆる免疫異常「自己免疫疾患」が、アトピーや円形脱毛症の原因の一つだとされているようです。アレルギーが原因の円形脱毛症かを判別する方法として、まずは自分がアレルギー体質かどうかを病院や市販のキットで検査を行ってみてはいかがでしょうか。

 

「自己免疫疾患」とは、免疫機能に異常が生じてしまい自分の体を異物とみなしてしまうため攻撃をしてしまうことです。普通では、リンパ球は、血液中に存在していますので扁桃炎や肝炎といった炎症部位に集まって炎症を鎮めようとしています。円形脱毛症の原因が「自己免疫疾患」の場合には、リンパ球は毛の根元へと集まってくるそうです。

円形脱毛症の原因については、「精神的ストレス」や「内分泌異常」、そして「自己免疫疾患」というようにさまざまなものがあります。そのうちの複数が原因となる場合もあるようです。また「遺伝的素因」もまた、円形脱毛症の原因の一つであると考えられております。遺伝的素因が円形脱毛症の原因とされている理由としては、家族内での発症が30%くらいみれることから証明されるようです。

 

また、一卵性双生児の場合は、両者の発症率が高いのに対して二卵性双生児では、片方のみの発症がみられるという症例報告などもあります。HLA検査において、脱毛症患者に共通する型があるという結果からみても円形脱毛症の原因として、遺伝的素因があることは確実だとされているようです。その他にも円形脱毛症の原因の一つとして、「自律神経の乱れ」も考えられます。

 

精神的ストレスをうけてしまうと人間の身体はそのストレスに対抗するため、交感神経の働きを活発にさせていきます。心臓や肺を早く動かしたり、体温を上げたりしてストレスと闘う準備をしていきます。もちろん、適度なストレスはやる気を出すために役立ちますが、ストレスが強すぎたり、長期的にわたって続いた場合には交感神経ががんばりすぎてしまい過度の緊張状態が続いてしまいます。この状態が自律神経の乱れなのです。

 

ストレスが原因となり自律神経が乱れてしまう・・・その影響が毛にもあらわれてしまいます。それが円形脱毛症なのです。自立神経が乱れてしまうと髪の毛の素となる「毛母細胞」や「毛乳頭」の働きが鈍くなってしまいますので角化ができなくなってしまいます。このことが原因となってしまい髪の毛が抜けてしまったり脱毛するといわれています。

円形脱毛症の治療は皮膚科でおこないましょう。円形脱毛症の症状はひとそれぞれ違います。10円玉くらいの円形の部分が1ヵ所ある場合もありますし、全体に薄くなっているという症状が見られる場合もあります。円形脱毛症になってしまった場合に何科を受診したらよいのか迷うこともあるかmそいれませんよね。その原因が、ストレスからくるものなのか、病気からくるものかは個人ではわかりませんよね。

 

円形脱毛症のような症状ではあるけれども、全頭脱毛症に進行しているとも考えられるのです。自己判断で、ストレスが原因と決めつけてしまい、心療内科を受診したり、病院へ行かないで自然治癒を期待するだけでは、円形脱毛症がますます悪化してしまう可能性があります。最近では、円形脱毛症は自己免疫が原因とも考えられています。それははっきりとしたストレスのない人にも発症するケースがあるのです。

 

ストレスによって発症した円形脱毛症の場合には、病院での治療を受けなくても、ほとんどは6ヶ月程で自然に治癒するといわれています。そのため円形脱毛症になったからといって、誰しもすぐに病院にいくわけではありません。自分や周りの人を含めて「たかが円形脱毛症」などというような形でとらえられている場合も多いということが事実です。

 

ただし、原因がストレスではない場合には、通常の円形脱毛症では内臓の病気との関連はないのですが、頭部全体に症状がみられる場合には、ホルモン異常などの病気が隠れている可能性もあります。勝手に自己診断を行わないで、まずは皮膚科専門医のいる医療機関や皮膚科を標榜している開業医や病院の皮膚科などを受診されるのをお勧めします。

円形脱毛症のドライアイス療法とPUVA療法についてご紹介します。ドライアイス療法(冷凍療法)とは円形脱毛症の解決方法として、病院で治療を受けるときに「ドライアイス療法(冷凍療法)」を受けることもあります。この治療法はドライアイスを円形脱毛症の患部に1秒くらい軽くあてて、刺激を与えるといった方法です。

 

当然ですが、この「ドライアイス療法(冷凍療法)」は円形脱毛症の治療として病院で行うものなので自分ではけっしておこなわないようにしましょう。この治療法の有効率は70%と言われていますが、1年ほど経過しても効果が現れないような場合には、皮膚が傷んだり跡になる恐れがありますので中止する必要があります。

 

病院では、ほかに「局所免疫療法」という治療法を受けることもあります。かぶれを起こしやすいSASBEやDPCPといった化学物質溶液を、円形脱毛症の患部にたいして1〜2週に1回ていど塗布し、痒くない程度の弱い皮膚炎を起こさせるといった方法です。現在では、最も有効で安全な治療といわれています。そして有効率は90%以上だということです。ただし、人によってはひどいかぶれが起きることがありますので病院できちんと医師に説明を求めてから始めましょう。

円形脱毛症のPUVA療法についてご紹介します。病院において円形脱毛症の治療は色々と用意されています。脱毛した部分に紫外線を照射するPUVA療法もそのひとつになります。また、脱毛した部分に液体窒素をスプレーで吹きつける方法もありますし、液体窒素をひたした綿棒を接触させるといった、液体窒素凍結治療というものもあります。

 

こういったさまざまな治療方法を用いても円形脱毛症がなかなか治らない場合は、副腎皮質ホルモン剤を脱毛した部分に直接注射するという方法も病院によってはとられています。脱毛した部分が広範囲なケースの場合は、副腎皮質ホルモン剤の内服治療がとられています。円形脱毛症は自然に治癒することが多いといわれています。

 

しかし、円形脱毛症が長期間にわたって治らなかったり、脱毛した部分が広がってしまい全頭型や汎発型になるようなケースもありますので、もしも円形脱毛症になっていると気づいたら、早めに皮膚科のある病院を訪ねるようにしたほうがよいでしょう。円形脱毛症に限らず病気は早期に発見して治療をすることが大切です。

薬による円形脱毛の治療についてご紹介します。病院で処方される円形脱毛症の薬にはどのようなものがあるのでしょうか。病院で円形脱毛症に処方される薬として、「フロジン液(塩化カルプロニウム5%)」がという薬があります。このフロジン液は血管拡張作用を持っている医療用医薬品で、健康保険が適用となります。

 

また塗り薬・注射・内服としての薬である「ステロイド」は、炎症を抑えるための薬で、円形脱毛症にも適応しています。円形脱毛症の脱毛した部分に、ステロイドを局所注射する方法においては、注射した部分にだけ毛が再生してきますので広範囲の脱毛症の場合は、あまり適していないことになります。

 

ステロイドを内服していると難治の円形脱毛症の場合にたいしても効果があるようですが、長い期間続けて使用していると副作用が起きる場合もありますので、ステロイドを服用するときには専門医とよく相談してから薬を決めるようにしましょう。円形脱毛症はその原因と治療方法は確定されていないので自分にあった薬や治療方法を探していきながら治療をはじめるということになるでしょう。

円形脱毛症ってご存知のかたも少なくはないですよね。円形脱毛症は円形や楕円形の輪郭のはっきりした脱毛が起こってしまい、拡大していくことをいいます。これは自覚症状が無いことがほとんどで、周りにいる人間が先に気付いて、初めて本人が気付く場合もあります。円形脱毛症には種類があります。大きく分ければ5つに分類されます。まずは単発型円形脱毛症です。

 

それから多発型円形脱毛症です。これは頭髪の数箇所で同時に脱毛が多発的に起こります。2つ以上の脱毛部分が結合し、大きくなることがあります。一度治ったとしても繰り返す可能性がありますが、適切な治療が行われれば、半年から2年ほどで完治する場合もあるといわれています。3つ目は多発融合型円形脱毛症です。女性に多いといわれる「びまん性脱毛症」と小児に多いといわれる「蛇行性脱毛症」に分かれています。

 

4つ目は全頭円形脱毛症で数箇所で脱毛していた部分が、だんだんと結合し、最終的には頭髪が全て抜けてしまう症状です。治りが悪く、治療には長い期間が必要となります。最後に汎発性円形脱毛症です。これは円形脱毛症の中で、もっとも重い症状です。頭髪以外にも、眉毛やまつ毛、ひげ、わき毛、陰毛、その他全身の毛が抜けてしまいます。円形脱毛症の発症率は、男性よりも女性の方が高いといわれており子供にも発症することもあります。

TOPへ