円形脱毛症体験談D

私が、円形脱毛症を発症したのは、小学校低学年の頃です。私自身は、脱毛していることに気付かず、ある時、母親に言われて初めて気付きました。脱毛した部分は、他人からは分かりづらい場所だったので、気にすることはありませんでした。周りのクラスメイトも気付くことはなく、いつのまにか、脱毛は治っていました。

 

しかし、小学校高学年の時に、再び脱毛が始まりました。はじめは、左と右に小さい脱毛部分ができました。とても気になって、何度も触ったり、学校のトイレの鏡で見たりしていました。すると、どんどん広がって行き、最終的には、頭の髪の毛が全て抜け落ちてしまいました。母と一緒に近所の皮膚科へ行き、円形脱毛症と診断されました。病院でかつらメーカーの紹介を受け、そこで、オーダーメイドのカツラを作りました。

 

僕は、かつらをつけてから、かつらがばれないように気を使い、かつらがずれないように気をつけ、その結果、存在の薄い少年になってしまいました。友達ができることもなく、中学校までは、辛い毎日でした。

 

高校に進学する時に、自分を変えようと、地元ではなく、登下校に1時間以上かかる高校に通うことにしました。なんとか、友達ができましたが、円形脱毛症であることを言うことはできませんでした。大学では、病気のことを言ったことで、親友ができなく、悩みました。サーフィンに興味がありましたが、円形脱毛症のことを考えると、始める勇気はありませんでした。

 

自分はどうして、こんなに辛い人生を歩んでいるんだろうと、精神的に限界を感じていたとき、円形脱毛症患者のための会があることを知りました。自分と同じ境遇の人達は、どんな気持ちで、どんな生活を送っているのか気になり、思い切って参加してみました。

 

会員のみんなは、自分と同じ円形脱毛症なのですが、明るく前向きな人がたくさんおり、自分だけが辛いと思っていたことが、恥ずかしくなりました。会員のみんなと話をしていくうちに、勇気が湧いてきました。

 

私は、高校時代からの友人に、自分の病気のことを話し、かつらを脱ぎ、スキンヘッドを見せました。驚いたようですが、なんとなく分かっていたそうです。友人は「正直に話してくれてありがとう」と言ってくれ、私は、うれしさと申し訳なさでいっぱいになりました。今では、その友人が親友です。自分が変われば、周りも変わるということを知りました。

TOPへ