円形脱毛症体験談C

私は今、25歳。わずか7歳の時に円形脱毛症との付き合いが始まりました。10歳までは、治る、改善の繰り返し。そして、13歳の時にとうとう、ウィッグ着用という運命になりました。しかし、ウィッグ着用中も、円形脱毛症の治療は続けていたので、2年後の15歳の時には、髪の毛も生えてきて、ウィッグを卒業しました。うれしさもつかの間。その半年後に再発。ウィッグ再着用。現在の私の髪の毛は、頑張って多少は生えているが、治る気配はなく、ウィッグ着用のままです。

 

今までの人生のほとんどを、円形脱毛症と一緒に歩んできましたが、最近の私は、髪の毛のことで悩むことが無くなりました。円形脱毛症との付き合い方を変えるきっかけとなったのは、1年ほど前のテレビ放映です。ある脱毛症患者がテレビの取材を受けていました。その人は、明るい茶色でナチュラルウェーブのかかったおしゃれなウィッグをつけ、力強い瞳で生き生きと、人生論を語っていました。私は、その人の前向きな考えに心を打たれ、同じような格好をしてみようと思いました。

 

以前は、自分は円形脱毛症だからということで、おしゃれをすることも、楽しむことも、全て諦めていて、仕事にも就かず、ただその日だけをなんとなく生き、治療も生活改善も、なにもしませんでした。でも、外見が変わったことで、考え方も変わってきました。外に出てみようと思った。

 

私は、円形脱毛症の人達の集まりに参加しました。みんなとても前向きで、教えられることが多く、私の円形脱毛症に対する考えが180度変わりました。そして、アルバイトではあるが、仕事をするようになりました。無職だった私にとって、働くことは本当に大変で、毎日四苦八苦。怒られてばかりだし、人間関係は難しいし、落ち込みます。でも、今の自分の悩みは、仕事のことであって、髪のことではないんです。

 

私は、円形脱毛症で、もともと悩むタイプ。その自分の限られた環境の中が、楽しくなるのも、つまらなくなるのも、自分次第なんです。円形脱毛症でも、悩みながらも明るく笑顔で頑張っている人達がいる。私も負けられない!と思いました。

TOPへ