発毛のメカニズム

髪の毛には「ヘアサイクル」があります。髪の毛が造られて抜け落ちるまでのことをいい、毛周期とも呼ばれます。ヘアサイクルは、男性で約3〜5年、女性で約4〜6年がひとつの周期といわれており、「生長期」→「退行期」→「休止期」→脱毛を繰り返します。

 

生長期とは、毛根部の根元にある毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、髪の毛を造っている時期です。初期・中期・後期生長期にわかれています。ヘアサイクルのほとんどは生長期で占められます。

 

退行期とは、毛母細胞の活動スピードが落ち、髪の毛を造る量が減少する時期です。色素細胞はメラニンの合成を中止し、細胞がやせていきます。退行期は約2週間ほど続き、その後、休止期へと移行します。髪の毛の生長活動が停止し始めるため、毛根は萎縮していきます。通常の抜毛はこの時期に起こります。

 

休止期は、髪の毛の生長が完全に止まる時期です。毛母細胞は細胞分裂を完全に停止し、毛根も萎縮しています。退行期で抜けなかった髪の毛は、髪の毛をとかすなどの簡単な衝撃で抜毛となります。休止期は約3ヶ月の期間があり、髪の毛が抜け落ちると、少しの間休止し、新しい髪の毛が生える準備が始まります。

 

日本人の髪の毛の本数は、平均約10万本といわれています。また、正常な抜毛でも1日50本から70本ほどが抜け落ち、また、新たに同じくらいの髪の毛が生えおり、髪の毛は毎日必ず抜けるものなのです。

 

脱毛症といわれる状態は、1日あたりの抜毛が100本以上ある状態のことをいいます。髪の毛の寿命で自然に抜ける髪の毛の他に、ストレスや疲労、偏食、喫煙などの原因により、新しく生え変わる髪の毛よりも、抜け落ちる髪の毛の量が多くなると、薄毛や脱毛症になってしまいます。

TOPへ