毛髪の構造

毛髪には、頭皮の表面から外に出ている毛幹部と、頭皮の内側の毛根部があります。毛幹部は一般に髪の毛と呼ばれる部分で、皮膚などの組織とは異なり、髪の毛自体に治癒能力はなく、傷が付いた場合、治ることはありません。毛根部は、浅い場合と深い場合があり、深いほど、健康な髪の毛の育成につながります。毛幹部の髪の毛は3つの層で構成されています。中心から、「毛髄質」、「毛皮質」、「毛表皮」といいます。

 

髪の毛のいちばん内側部分である「毛髄質」は、髪の毛の芯にあたる役割をしています。一般的に毛髄質の量は毛の太さによって決まります。保持機能があり、脂肪や色素が含まれています。また、毛髄質は新生児の毛髪にはありません。

 

髪の毛の大部分は「毛皮質」です。髪の毛の質や色に関して重要な役割を果たしており、毛皮質によって、毛質が決まります。毛皮質に含まれる多くのメラニン色素の量によって、体毛の色の差が変わってきます。また、繊維状のため、髪の強度を保ちます。

 

髪の毛の一番外側である「毛表皮」は、別名キューティクルとも呼ばれる部分です。キューティクルは毛先に向かって何枚も重なっており、外部からの刺激から髪の毛を保護する役割をしています。髪の毛のつやや手触りなどを決定する部分です。

 

毛根部には、表面に近い方から毛孔、皮脂腺、立毛筋、毛母細胞、毛乳頭があります。また、毛根部は、毛包という髪の毛を包み、囲んでいる組織と、毛細血管があります。中でも、髪の毛を造る過程で重要な役割を果たしているのは、毛母細胞、毛乳頭、毛包、毛細血管です。

 

毛根部の根元は、生長期にあるため、球状になっており、毛球と呼ばれています。毛球には毛母細胞があり、毛母細胞の中心に毛乳頭があります。毛乳頭は、周囲の毛細血管から、髪の毛育成のための栄養分や酸素を受け取り、毛母細胞に髪の毛育成の命令を出します。毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、分裂した細胞は最終的に髪の毛となります。

TOPへ