その他の円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は、ストレスや自己免疫疾患の他に、遺伝的素因、自律神経の乱れなどがありあます。

 

遺伝的素因が、円形脱毛症の原因と考えられるのは、家族の中での発症が30%程みられるからです。他にも、二卵性双生児の場合、片方のみに発症がみられることに対し、一卵性双生児の場合は、両者とも発症する確率が高いという症例報告があります。また、HLA検査についても、円形脱毛症の患者のHLAには、共通する型があるという結果が出ており、遺伝的素因が円形脱毛症の原因であることは、確実とされているようです。

 

自律神経の乱れも円形脱毛症の原因と考えられています。精神的ストレスを受けると、身体にとってストレスは外敵なので、抵抗するために、交感神経が活発に動きます。心臓や肺を早く動かしたり、体温を上げるなど、ストレスと闘う準備をします。強すぎるストレスや長期間のストレスを受けたりすると、交感神経が暴走し、過度の緊張状態が続くようになります。これが自律神経の乱れです。

 

ストレスが原因で自律神経の乱れが起こり、毛髪に現れたのが、円形脱毛症です。自律神経の乱れの毛髪へ影響は、髪の毛への栄養分を運搬する頭皮の毛細血管や、髪の毛の素となる毛母細胞を作る毛乳頭の動きが鈍くなります。毛乳頭の動きが鈍くなることで、毛母細胞にうまく栄養が届かず、髪の毛の角化ができなくなります。その結果、髪の毛が抜け落ちたり、断毛したりします。

 

円形脱毛症の原因ははっきりしていませんが、いくつかの原因が重なる場合もあります。一般的にストレスが原因といわれていますが、それだけではないようです。しっかりと身体を休め、原因は何かを考えてみましょう。

TOPへ