自己免疫疾患による円形脱毛症

円形脱毛症の原因は、はっきりとはわかっていませんが、いくつか考えられる原因のなかで、自己免疫疾患はもっとも有力な説といわれています。

 

身体の免疫機能は、自分自身の身体を守るために、外部から入ってきた異物に対し攻撃をします。自己免疫疾患とは、免疫機能が何かしらの異常によって、自分の身体の一部を異物と判断し、攻撃をしてしまうことです。異物に対し、攻撃をするもののひとつにリンパ球があります。円形脱毛症の原因が自己免疫疾患と考えられる理由として、脱毛部分に多くのリンパ球が集まっていることがあげられます。

 

リンパ球は普段は、血液中に他の成分と混在しています。体内で肝炎や胃炎などの炎症が起きると、その部位に集まり、炎症を抑えようとします。円形脱毛症の原因が自己免疫疾患だった場合、リンパ球が毛の根元に集まってきます。これは、毛根を異物と判断し、排除、攻撃するためです。激しく攻撃された毛根は破壊され、それまでに、健康だった髪の毛が突然抜け落ちてしまいます。

 

円形脱毛症は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持っている人の方が、持っていない人に比べて多く発症しているようです。また、自己免疫疾患を原因とする円形脱毛症は、アトピー性皮膚炎や甲状腺疾患、糖尿病などの免疫異常疾患と同時に起こりやすいといわれています。自分がアレルギー体質かどうかは、病院や市販のキットで検査をすることでわかります。

TOPへ