ストレスによる円形脱毛症

円形脱毛症と聞くと、大体の人は、「ストレスが原因」と言うと思います。確かに、円形脱毛症はストレスが原因だといわれていますが、直接的な原因ではないようです。円形脱毛症以外にも、十二指腸潰瘍や胃潰瘍など、ストレスが原因で起こる病気はあります。人間の身体は、精神的ストレスを受けると、血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。その結果、部分的に組織が死んでしまい、潰瘍になってしまいます。

 

円形脱毛症の場合、頭皮の毛細血管が、ストレスを受けたことにより収縮し、血流が悪くなり、その結果毛根に栄養が十分に届かず抜毛となってしまいます。髪の毛は抜けても新しく生え変わりますが、血流が悪いと生え変わりの機能が弱くなり、新しく髪の毛が生えても抜毛につながり、悪循環となります。このように、ストレスが円形脱毛症の原因のひとつと考えられますが、ストレスだけが直接の原因となることはないと考えられています。

 

また、髪の毛にはヘアサイクルという生え変わりの周期があります。ヘアサイクルは3〜4ヶ月がひとつの周期です。円形脱毛症はヘアサイクルが関係しているといわれています。ヘアサイクルから考えると、円形脱毛症の症状はストレスを受けてから3〜4ヶ月後に出てくるようです。

 

円形脱毛症になった場合、3〜4ヶ月前に、精神的ショックや生活環境の変化、心配な事があったかどうか、確認する必要があります。ストレスの原因が分かることで、円形脱毛症を早く治すことにつながります。

TOPへ