円形脱毛症自己診断方法

自分の頭髪に円形脱毛症のような症状が出た場合、本当に円形脱毛症なのかどうか、自己診断することができます。円形脱毛症の自己判断では、次の項目をチェックしてみましょう。

 

●何の前ぶれもなく、突然脱毛が始まった。
●脱毛した部分の形が、円形または、楕円形をしている。
●脱毛している部分の周りの髪の毛を痛みもほとんどなく、簡単に抜くことができる。
●抜けた髪の毛の毛根の部分が、細く尖った状態だったり、切れ毛がある。
●爪に溝のようなスジが横に入ったり、小さなくぼみがある。

 

突然に、脱毛が始まった場合、円形脱毛症の可能性が高いと考えられます。脱毛した部分が円形や楕円形だった場合、境目がはっきりしているかどうか、確認してみましょう。輪郭のはっきりした円形や楕円形の脱毛の場合、円形脱毛症の可能性があります。脱毛部分が輪郭のはっきりしているきれいな円形で、場所が頭頂部の場合、回復が早いといわれています。

 

脱毛した部分の周囲の髪の毛を抜いてみて、痛みもほとんどなく、簡単に抜けてしまう間は、円形脱毛症が進行中の状態であることを意味します。また、脱毛部分の頭皮にむくみがある場合や、毛穴が黒い場合も進行中と考えられます。さらに、脱毛部分が、周りに比べてへこみがみられる場合があります。このへこみが深く感じる場合、回復に時間がかかる可能性があります。

 

円形脱毛症の場合の髪の毛の特徴として、毛根部分がペン先のように細く尖っていることが挙げられます。また、必ずではありませんが、毛根部が感嘆符「!」のような形になっていたり、円形脱毛を繰り返している場合、萎縮を繰り返しているので、太い部分と細い部分が交互に出ている毛根もあります。

 

脱毛部分に出る症状の他に、爪に変化が現れる場合があります。爪に出る横スジは、貧血や強い疲労などの身体の調子が悪いときに出てくる症状ですが、円形脱毛症と診断された患者の約25%の人に、爪に横スジが入ったり、小さなくぼみが出ています。

 

円形脱毛症にはほとんど自覚症状がありません。症状が長引いたり、多くの髪の毛が一度に抜ける場合は、他の病気による脱毛の可能性もあるので、病院で受診・相談をしましょう。また、円形脱毛症の悩みを1人で抱えてしまい、ストレスとなってしまう場合も、無理をしないで、専門の医師に相談・診断をしてもらうことが必要です。

TOPへ