円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは、円形や楕円形の輪郭のはっきりした脱毛が起こり、拡大していくことをいいます。自覚症状が無いことがほとんどで、周囲の人間が先に気付いて、初めて本人が気付く場合もあります。円形脱毛症には種類があり、大きく分けると5つに分けられます。

 

●単発型円形脱毛症
突然、頭髪に円形または楕円形の脱毛部分が1〜3箇所くらい出てきます。円形脱毛症の中で最も多い症状です。まれに、単発型から多発型に移行することがありますが、自然に治癒していく可能性が高い症状です。

 

●多発型円形脱毛症
頭髪の数箇所で同時に脱毛が多発的に起こります。2つ以上の脱毛部分が結合し、大きくなることがあります。一度治っても、繰り返す可能性がありますが、適切な治療が行われれば、半年から2年ほどで完治する場合もあるといわれています。

 

●多発融合型円形脱毛症
女性に多いといわれる「びまん性脱毛症」と小児に多いといわれる「蛇行性脱毛症」に分かれます。びまん性脱毛症は、全体の頭髪が平均的に脱毛し、頭髪全体が粗い状態になり、蛇行性脱毛症は後頭部から側頭部の生え際にそって脱毛がみられます。これらの円形脱毛症は治療しにくいといわれています。

 

●全頭円形脱毛症
数箇所で脱毛していた部分が、だんだんと結合し、最終的には頭髪が全て抜けてしまう症状です。治りが悪く、治療には長い期間が必要です。

 

●汎発性円形脱毛症
円形脱毛症の中で、もっとも重い症状で、頭髪以外にも、眉毛やまつ毛、ひげ、わき毛、陰毛、その他全身の毛が抜けてしまう症状です。

 

円形脱毛症の発症率は、男性よりも女性の方が高く、子供に発症することもあります。

TOPへ