円形脱毛症の原因と治療ガイドについて

 突然頭に円形の脱毛が起こったら、誰しもびっくりすることと思います。円形脱毛症の原因は医学的にははっきり分かっていませんが、ストレスが誘因している場合もあるそうです。円形脱毛症の病院での治療は、症状や場合にあわせて様々な治療法があります。薬による治療や、漢方薬で治療を行う場合もあります。今上げた以外にもたくさんの治療法を紹介しています。円形脱毛症の体験談やQ&Aを紹介していますので、困った場合はそれを参考にしてみるのもいいでしょう。

円形脱毛症でお悩みの方へ
増毛ネット
円形脱毛症の方々から支持を受けているのには理由があります。円形脱毛の症状が治るまでの間だけでも利用できるプランがあるのは増毛ネットだけです。

・【期間限定】60日間無料お試しが可能!
・事前に費用がわかる価格表付き詳しい資料をチェック!
円形脱毛症の原因と治療ガイド 新着情報

円形脱毛症ってご存知のかたも少なくはないですよね。円形脱毛症は円形や楕円形の輪郭のはっきりした脱毛が起こってしまい、拡大していくことをいいます。これは自覚症状が無いことがほとんどで、周りにいる人間が先に気付いて、初めて本人が気付く場合もあります。円形脱毛症には種類があります。大きく分ければ5つに分類されます。まずは単発型円形脱毛症です。

それから多発型円形脱毛症です。これは頭髪の数箇所で同時に脱毛が多発的に起こります。2つ以上の脱毛部分が結合し、大きくなることがあります。一度治ったとしても繰り返す可能性がありますが、適切な治療が行われれば、半年から2年ほどで完治する場合もあるといわれています。3つ目は多発融合型円形脱毛症です。女性に多いといわれる「びまん性脱毛症」と小児に多いといわれる「蛇行性脱毛症」に分かれています。

4つ目は全頭円形脱毛症で数箇所で脱毛していた部分が、だんだんと結合し、最終的には頭髪が全て抜けてしまう症状です。治りが悪く、治療には長い期間が必要となります。最後に汎発性円形脱毛症です。これは円形脱毛症の中で、もっとも重い症状です。頭髪以外にも、眉毛やまつ毛、ひげ、わき毛、陰毛、その他全身の毛が抜けてしまいます。円形脱毛症の発症率は、男性よりも女性の方が高いといわれており子供にも発症することもあります。

薬による円形脱毛の治療についてご紹介します。病院で処方される円形脱毛症の薬にはどのようなものがあるのでしょうか。病院で円形脱毛症に処方される薬として、「フロジン液(塩化カルプロニウム5%)」がという薬があります。このフロジン液は血管拡張作用を持っている医療用医薬品で、健康保険が適用となります。

また塗り薬・注射・内服としての薬である「ステロイド」は、炎症を抑えるための薬で、円形脱毛症にも適応しています。円形脱毛症の脱毛した部分に、ステロイドを局所注射する方法においては、注射した部分にだけ毛が再生してきますので広範囲の脱毛症の場合は、あまり適していないことになります。

ステロイドを内服していると難治の円形脱毛症の場合にたいしても効果があるようですが、長い期間続けて使用していると副作用が起きる場合もありますので、ステロイドを服用するときには専門医とよく相談してから薬を決めるようにしましょう。円形脱毛症はその原因と治療方法は確定されていないので自分にあった薬や治療方法を探していきながら治療をはじめるということになるでしょう。

円形脱毛症のPUVA療法についてご紹介します。病院において円形脱毛症の治療は色々と用意されています。脱毛した部分に紫外線を照射するPUVA療法もそのひとつになります。また、脱毛した部分に液体窒素をスプレーで吹きつける方法もありますし、液体窒素をひたした綿棒を接触させるといった、液体窒素凍結治療というものもあります。

こういったさまざまな治療方法を用いても円形脱毛症がなかなか治らない場合は、副腎皮質ホルモン剤を脱毛した部分に直接注射するという方法も病院によってはとられています。脱毛した部分が広範囲なケースの場合は、副腎皮質ホルモン剤の内服治療がとられています。円形脱毛症は自然に治癒することが多いといわれています。

しかし、円形脱毛症が長期間にわたって治らなかったり、脱毛した部分が広がってしまい全頭型や汎発型になるようなケースもありますので、もしも円形脱毛症になっていると気づいたら、早めに皮膚科のある病院を訪ねるようにしたほうがよいでしょう。円形脱毛症に限らず病気は早期に発見して治療をすることが大切です。